併合11級の事例 - 交通事故弁護士なら大阪のクオレ法律事務所

併合11級の事例

■対象者 40代男性

■後遺障害等級 併合11級

■過失割合 15:85

■解決方法 示談交渉

■保険会社の提示額 なし

■示談金額 8,760,516円

■事故の概要

信号機のある交差点での直進バイク(当方)と右折する軽自動車の右直事故

■解決のポイント

症状固定前からサポートなので、保険会社提示額はなし
後遺障害等級認定の結果併合11級が認定された。

 

併合11級の事例のページ