弁護士費用補償特約を使いたい場合 - 交通事故弁護士なら大阪のクオレ法律事務所

弁護士費用補償特約を使いたい場合

■弁護士費用補償特約とは

自身の任意保険で弁護士費用補償特約に加入されていれば、加害者に対する損害賠償請求を弁護士を依頼する場合の弁護士費用(1事故につき、被保険者1名あたり300万円まで)が、加入されている任意保険から支払われます。弁護士費用には、示談交渉費用、裁判費用、実費も含みます。法律相談料についても保険から出ます(1事故10万円まで)。

任意保険会社は、加入者にも過失がある場合は、保険会社同士で交渉することがありますが、加入者の過失が明らかにない、過失0の場合は、示談交渉をすることができないため、被害者自身で相手方保険会社と交渉する必要があります。その際の交渉を弁護士等に依頼することができますが、弁護士費用が発生します。弁護士費用補償特約に入っていれば、この弁護士費用について加入している任意保険会社から支払われるのです。もちろん、加入者に過失がある場合も弁護士に依頼することができますし、弁護士費用補償特約を使うことができます。

■誰が特約を使えるの?

保険対象者としては、多くの保険は、記名被保険者、その配偶者、これらの方の同居の親族もしくは別居の未婚の子、または契約の自動車に搭乗中の方となっています。
保険会社によっては、記名被保険者およびそのご家族が、他の自動車に搭乗中または歩行中に自動車事故にあった場合も同様に弁護士費用が支払われることもあります。

■弁護士費用補償特約を使いたい場合は?

弁護士費用補償特約を利用のための手続は、極めて簡単です。加入されている保険会社の担当者に電話で交渉を弁護士に依頼したい旨と依頼する弁護士の名前と連絡先を告げて頂ければ、後は保険会社の担当者と弁護士が手続きを進めていきますので、依頼者が面倒な手続をする必要がありません。
弁護士費用補償特約に入られている場合は、金銭的な負担なく(ただし300万円を超える場合は費用負担は発生しますが、300万円を超える事件はごく一部です。)、気軽に弁護士に依頼することができますので、是非ご利用下さい。また、通常、弁護士費用補償特約を使用しても保険の等級には影響はしませんので、保険料のアップを心配する必要はありません。

弁護士費用補償特約を使いたい場合のページ