関節機能障害 - 交通事故弁護士なら大阪のクオレ法律事務所

関節機能障害

自賠責保険における上肢、下肢の三大関節機能障害の認定については、正常な可動域の2分の1以下になったものが「関節機能に著しい障害を残すもの」にあたり(10級10号11号)、4分の3以下になったものが「関節機能に障害を残すもの」にあたります(12級6号7号)。
可動域の制限は、障害がある側を健康な側と比べてどれだけ制限されているかを調べることになります。この際、自動域(自分で動かすことができる範囲)ではなく、原則として、医師が力を加えて動かせる範囲である他動域を調べます。
関節の動きについては、関節は部位毎に様々な動きをしますが、屈曲、進展などの主要運動と呼ばれる動きを重視して判定されることになります。

関節機能障害のページ