「むち打ち症」 - 交通事故弁護士なら大阪のクオレ法律事務所

「むち打ち症」

いわゆるむち打ち症は、ほとんどの場合は、後遺障害を残さずに治癒しますが、後遺障害が残る場合があります。ただ、後遺障害といっても、後遺障害逸失利益との関係では、残存期間は一定期間に制限されることが多いです。

むち打ち症は、抹消神経障害として神経系統の機能障害・精神の障害のうち、局部の神経系統の障害として扱われます。自賠法の後遺障害等級表では、12級13号の局部に頑固な神経症状を残すもの、14級9号の局部に神経症状を残すものがそれにあたります。

自覚症状としては、頭痛、頸部痛、腰部痛、手足のしびれ、めまい、吐き気、倦怠感など様々なものがあります。しかし、このような症状が事故後一定期間の治療後も継続して出ているにもかかわらず、レントゲンやCTなど検査方法では異常がない場合が圧倒的に多く、後遺障害認定が難しい場合があります。

後遺障害が認定されるためには、自覚症状だけではなく(自覚症状があれば14級が認定されるわけでは当然ありません)、一定の他覚所見が必要となってきます。

他覚所見には、レントゲン、CT、MRIなど画像所見のほか、ジャクソンテスト、スパーリングテスト、ラセーグテストなどの神経学的検査によって得られた所見も含まれます。

画像所見が認められない場合は、12級認定は厳しい場合が多いでしょう。14級認定についても、神経学的検査で陰性で、自覚症状だけの場合は難しい場合が多いと思われます。

「むち打ち症」のページ