高次脳機能障害 - 交通事故弁護士なら大阪のクオレ法律事務所

高次脳機能障害

高次脳機能障害の症状と後遺障害等級の認定

 

高次脳機能障害とは

 自賠責保険における「脳外傷による高次脳機能障害」とは、交通事故によって、頭部外傷を受け、意識障害過程を経て、回復後に典型的な症状としての多彩な認知障害、行動障害および人格変化を示し、主として脳外傷によるびまん性脳損傷、びまん性軸索損傷を原因として発症するものを言います。
 交通事故によって、脳損傷を受け、意識障害が一定期間継続したものの、治療のかいがあって、その後、一見事故前とまったく何も変わらない状態まで回復したにもかかわらず(軽傷の場合は、家族でない者が少し話した程度では脳機能に障害があるように見えない場合もよくあります)、事故前には見られなかった人格や性格の変化(周りの人とあわせることができなくなる、いわゆる空気が読めない、自分勝手な行動をとるようになる、何事にもやる気がない、怒りっぽくなる、など)、認知障害などの症状が認められる場合があります。
 このような場合、大脳の一部に局在的損傷が画像(CT、MRI)から認められれば、大脳機能の障害を医学的には証明可能な場合が多く、自賠責における後遺障害等級認定もされやすいと言えます。
 ところが、画像上は必ずしも明確に大脳の損傷が認められないにもかかわらず、上記のような事故前と比べて、人格や性格の変化が生じている場合があります。このような場合、他覚的な証明をすることが難しい場合があり、自賠責の認定が取りにくい、あるいは症状の重篤さに比べて低い等級しか認定されない、というのもあって、訴訟になるケースが多くあります。


「脳外傷による高次脳機能障害」の後遺症状

 自賠責保険における「脳外傷による高次脳機能障害」の典型的な症状は、以下のようなもであるとされています(「自賠責保険における高次脳機能障害認定システムの充実について」参照)。
認知障害…記憶・記銘力障害、注意・集中力障害、遂行機能障害などで、具体的には、新しいことを覚えられない、気が散りやすい、行動を計画して実行することができないなどです。
行動障害…周囲の状況に合わせた適切な行動ができない、複数のことを同時に処理できない、職場や社会のマナーやルールを守れない、話が回りくどく要点を相手に伝えることができない、行動を制御できない、危険を予測・察知して回避的行動をすることができないなどです。
人格変化…受傷前には見られなかったような、自発性低下、衝動性、易怒性、幼稚性、自己中心性、病的嫉妬、ねたみ・強いこだわりなどの出現です。
 これら①~③の症状は軽重があるものの併存することが多いとされています。このような症状があることによって、社会生活への適応能力が様々に低下し、日常生活にも重大な影響を及ぼし、人との関係がうまく築くことができなくなり、重症であれば、就労や就学が困難になったりすることがあります。
 また、びまん性脳損傷による「脳外傷による高次脳機能障害」の場合、小脳失調症、痙性片麻痺あるいは四肢麻痺の合併も多いとされます。


「脳外傷による高次脳機能障害」の後遺障害等級認定のための要件

「脳外傷による高次脳機能障害」の後遺障害等級認定されるためには以下の要件が必要とされています。
頭部外傷が明らかであり、画像上、第3脳室や側脳室の拡大が認められること
 自賠責保険の実務では、MRI、CTによって確認される異常所見(脳室の拡大や脳全体の萎縮)をもって、脳の気質的損傷の有無を判断する取扱となっています。

意識障害が継続して存在していたこと
 意識障害が一定期間継続したこと(6時間以上とされています。)は、後遺障害発生の恐れがあるものと考えられています。

意識回復後の認知障害や人格変性が顕著であること
 これについては、同居している家族等が被害者の日常生活について、「日常生活状況報告書」に記入し、これを使って証明することになります。ただ、家族が作成することが多く、客観性に欠けている面があることは否めません。


高次脳機能障害の後遺障害等級認定手続

 高次脳機能障害の後遺障害等級認定のためには次のような資料の提出が必要となります。
CT、MRIなど脳画像検査記録、②「頭部外傷後の意識障害についての所見」③「神経系統の障害に関する医学的意見」④「日常生活状況報告書
 ①は検査を受けた病院で入手します。通常はデータをCDロムに入れたものを交付されます。②、③は書式がありますので、担当医に記入してもらいます。④も書式があり、被害者の生活状況を一緒に生活している家族等が書き込むようになっています。


「脳外傷による高次脳機能障害」の後遺障害等級認定基準

 なお、労災保険では、高次脳機能障害について、被災者の職場における就労状況に着目し、①意思疎通能力、②問題解決能力、③作業負荷に対する持続・持久力、④社会行動能力の4つの能力の喪失の程度を、「障害なし」および「わずかに喪失」から「全部喪失」までの「6段階」障害区分で評価し、この内容に基づき、第1級、第2級、第3級、第5級、第7級、第9級、第12級、第14級の等級格付けを行っています。
「脳外傷による高次脳機能障害」は、自賠責保険の神経系統の機能又は精神に障害を残すもととして、後遺障害等級の各等級(1級3号、2級1号、3級3号、5級2号、7級4号、9級10号)に分類されていますが、この認定基準を補足するものとして、「脳外傷による高次脳機能障害の等級認定にあたっての基本的な考え方」が定められています。また、自賠責保険の後遺障害等級認定基準は、労災保険の後遺障害等級認定における「神経系統の機能又は精神の障害」の系列における各等級に準じています。


 

脳外傷による高次脳機能障害の等級認定にあたっての基本的な考え方

 

 

障害認定基準

補足的な考え方

別表第1

1級1号

「神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、常に介護を要するもの」

「身体機能は残存しているが高度の痴呆があるために、生活維持に必要な身の回り動作に全面的介護をようするもの」

別表第1

2級1号

「神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、随時介護を要するもの」

「著しい判断力の低下や情動の不安定などがあって、1人で外出することができず、日常の生活範囲は自宅内に限定されている。身体動作的には排泄、食事などの活動を行うことができても、生命維持に必要な身辺動作に、家族からの声掛けや看視を欠かすことができないもの」

別表2

3級3号

 

「神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの」

「自宅周辺を一人で外出できるなど、日常の生活範囲は自宅に限定されていない。また声掛けや、介助なしでも日常の動作を行える。しかし記憶や注意力、新しいことを学習する能力、障害の自己認識、円滑な対人関係維持能力などに著しい障害があって、一般就労が全くできないか、困難なもの」

別表第2

5級2号

「神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、特に軽易な労務以外の労務に服することができないもの」

「単純くり返し作業などに限定すれば、一般就労も可能。ただし新しい作業を学習できなかったり、環境が変わると作業を継続できなくなるなどの問題がある。このため一般人に比較して作業能力が著しく制限されており、就労の維持には、職場の理解と援助を欠かすことができないもの」

別表第2

7級4号

「神経系統の機能又は精神に障害を残し、軽易な労務以外に労務に服することができないもの」

「一般就労を維持できるが、作業の手順が悪い、約束を忘れる、ミスが多いなどのことから一般人と同等の作業を行うことができないもの」

別表第2

9級10号

「神経系統の機能又は精神に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるもの」

「一般就労を維持できるが、問題解決能力などに障害が残り、作業効率や作業維持力などに問題があるもの」

 

高次脳機能障害のページ