後遺障害等級認定に対する異議申立 - 交通事故弁護士なら大阪のクオレ法律事務所

後遺障害等級認定に対する異議申立

後遺障害の等級認定を受けるためには、まずその請求をする必要があります。請求の方法は、任意保険会社を通じての事前認定による請求と被害者請求の場合がありますが、いずれの場合も損害保険料率算出機構の調査事務所において後遺障害等級認定(あるいは非該当の判断)がなされます。
等級認定に対して不服がある場合は異議を申し立てることになります。被害者請求の場合は、自賠責保険会社に対して、事前認定の場合は、任意保険会社に対して異議申立をし、任意保険会社が損害保険料率算出機構に対して事前認定に対する再認定の依頼をすることになります。
この認定結果に対して不服があれば異議申立をすることは可能ですが、新たな資料を付けて行わなければ認定が覆ることはほとんどないと言えます。
新たな資料としては、主治医の意見書、新たに再検査を受けた検査結果、類似のケースでの裁判例などの添付が考えられます。
異議の申立は何度でも可能ですが、その際にも認定が不合理であることを根拠づける新たな資料を付けなくては通常意味がありません。

後遺障害等級認定に対する異議申立のページ