後遺障害等級認定の申請 - 交通事故弁護士なら大阪のクオレ法律事務所

後遺障害等級認定の申請

被害者が交通事故で受けた傷害が完治せずに症状固定になった場合、後遺障害に対する賠償金を自賠責もしくは任意保険会社に対して請求するためには、損害保険料率算出機構(調査は自賠責調査事務所が行います)による後遺障害等級認定を受ける必要があります。
等級認定手続には、加害者が任意保険に入っている場合に任意保険会社を通じて行われる事前認定と、被害者の直接の請求によりなされる認定(被害者請求)とがあります。
任意保険会社を通じて申請する場合は、被害者側で用意しなければならないのは、後遺障害診断書だけです。
被害者請求で申請する場合は、診断書・診療報酬明細書・事故発生状況報告書のほか、レントゲン写真やMRI、CT等のフィルム等(CDROMで病院から貰います)を被害者側で用意して、加害者が加入している自賠責保険会社に提出する必要があります。
両方法の相違点ですが、任意保険会社を通じて申請すると任意保険会社側の意見書が添付され、不利になることもあるとも言われていますが、実際のところはよくわかりません。ただ、このような不安がある以上原則として被害者請求で申請するべきと思われます。
この等級認定(もしくは非該当結果)に不服がある場合には、異議申立てをすることができます。異議申立てをしても等級が下がることはありません。
異議申立てに必要な書類は異議申立書(これは定型のものがあるわけではありません。)、医師の診断書または意見書、被害者本人または同居の親族作成の日常生活状況報告書(陳述書)、レントゲン写真、MRI、CT等(必要に応じて新たに撮影)等です。

後遺障害等級認定の申請のページ