交通事故事件のよくある質問 - 交通事故弁護士なら大阪のクオレ法律事務所

交通事故事件のよくある質問

 電話のみでの法律相談は可能でしょうか。

一般的なご質問でかつ10分程度で回答可能な場合につきましては電話でご回答させて頂いております。
お気軽にお問い合わせ下さい。

 事務所に出向ける時間が平日だと遅くになってしまうのですが、対応可能ですか。

平日ですと、午後8時までに事務所までお越し頂ければ、対応可能です。当日すぐの対応は困難な場合がありますので、できるだけ事前にご予約下さい。

 土日の法律相談を希望したいのですが、可能でしょうか。

土日は原則休業日となっておりますが、お電話で事故や治療の内容などを15分ほど聞き取りさせて頂いた上で対応可能な場合はご予約をお取りさせて頂いております。

 治療がまだ終わっていないのですが、今すぐ弁護士に依頼したほうがよいのでしょうか。
それとも治療が終わってからのほうがよいのでしょうか。

治療費の打ち切りや休業損害の支払いなどが問題となっている場合や、後遺障害認定について弁護士からアドバイスを受けたい場合などは、治療終了前に弁護士に依頼したほうがよいでしょう。治療終了前に受任することについて法的には何ら制限はありません。
もっとも、現在、特に困ったことがなければ、治療終了後に弁護士に依頼するのでも構わないでしょう。治療終了後に依頼しても最終的に受け取る賠償金額に差はありません。

 保険会社との交渉に疲れてきた(もしくは担当者の態度が悪いので話したくない)などの理由で弁護士に示談交渉を依頼しても構わないでしょうか。

はい。当事務所では、依頼者の不安感を取り除くこと、安心して頂くことを重視しておりますので、是非ご相談下さい。

 依頼してから解決まではどれくらいの期間がかかるのでしょうか。

これはケースバイケースですので、回答は難しいですが、示談交渉の場合は、当方の金額提示に対して、保険会社側からさらなる意見が出たり、合意できそうな場合でも、保険会社内部での決済などの手続を経て、さらに示談書の取り交わしなどの手続を踏みますので、最短でも1か月程度、通常は2か月はかかるかと思います。

交通事故事件のよくある質問のページ